Source of Nothingness - lan

* Menu

About | Profile | まとめ | オリジナル | xyzzy | あんてな | | buzz

* 実践CLを読了

一番の収穫はCLOSについての理解が深まったこと。
xyzzyで使えないものだから、ちゃんと勉強したことが無くて:beforeとか:afterとかよく分かってなかったんだけど、やっと分かった。(とりあえず使ってみようと思うくらいには)
メソッド結合かぁ〜 よく考えたもんだなぁ〜
C++やJavaなんかのメソッドがクラスに属しているオブジェクト指向とは全くの別物だ。頭を切り替えて使わないといけない。

帰省中に付箋を付けながら読んでいたので、拾い上げておく。
(ReadMore...)

* memo : asdf を使う

さくらのサーバにインストールした clispasdf を使うための一連の作業をメモ。

clisp には asdf が付属していないのでソースを取得する。

$ cd $HOME/local/lisp
$ wget "http://cclan.cvs.sourceforge.net/*checkout*/cclan/asdf/asdf.lisp"
$ clisp -c asdf.lisp

ついでにコンパイルしておく。

ここからしばらく clisp での作業。
$HOME/local/lisp/ を lisp ファイル置き場にすることにしたので、ここをロードパスに追加する。
[1]> (push (merge-pathnames "local/lisp/" (user-homedir-pathname)) custom:*load-paths*)
(#P"/home/raido/local/lisp/" #P"./" "~/lisp/**/")

asdf.lisp をロード。
[2]> (load '#:asdf)
;; Loading file /home/raido/local/lisp/asdf.fas ...
;; Loaded file /home/raido/local/lisp/asdf.fas
T

asdf:*central-registry* にパスを追加。$HOME/local/lisp/systems/ にした。
ここに *.asd ファイルへのシンボリックリンクを置くようにする。
[3]> (push (merge-pathnames "local/lisp/systems/" (user-homedir-pathname)) asdf:*central-registry*)
(#P"/home/raido/local/lisp/systems/" *DEFAULT-PATHNAME-DEFAULTS*)

この状態でGUESSを使えるようにする。
ソースをダウンロードして、展開、シンボリックリンクを張る。
$ cd $HOME/local/src/lisp
$ wget http://lispuser.net/files/guess.tar.gz
$ tar xf guess.tar.gz
$ cd ../../lisp/systems/
$ ln -s $HOME/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.asd .

clisp でロード。初回はコンパイルした上でロードしてくれる。
[4]> (asdf:oos 'asdf:load-op :guess)
; loading system definition from /home/raido/local/lisp/systems/guess.asd into #<PACKAGE ASDF0>
;; Loading file /home/raido/local/lisp/systems/guess.asd ...
; registering #<SYSTEM :GUESS #x20538B31> as GUESS
;; Loaded file /home/raido/local/lisp/systems/guess.asd
;; Compiling file /home/raido/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.lisp ...
;; Wrote file /home/raido/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.fas
;; Loading file /home/raido/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.fas ...
;; Loaded file /home/raido/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.fas
0 errors, 0 warnings
NIL
以上。

clisp での作業は初期化ファイルにでも書いておく。clispの場合は $HOME/.clisprc 辺り。
(push (merge-pathnames "local/lisp/" (user-homedir-pathname)) custom:*load-paths*)
(load '#:asdf)
(push (merge-pathnames "local/lisp/systems/" (user-homedir-pathname)) asdf:*central-registry*)
(asdf:oos 'asdf:load-op :guess)
ロードするものが多くなって起動に時間がかかるようになったら、メモリイメージを保存して起動時にこっちを読み込むようにする。

* memo : 調べる

* memo : clispさくらインターネットにインストール

clispはサーバーのOSバージョンが上がっても動いていたけど、clispの方もバージョンが上がっているので入れなおしてみた。
いまいちうまくいっていないのでもう一回入れなおそう。

必要なライブラリであるlibsigsegvがきっちり認識されない。
libsigsegvはコンパイルはできるがチェックでエラーが出る状態。
$make check
Making check in src
Making check in tests
make  check-TESTS
Test passed.
PASS: sigsegv1
Test passed.
PASS: sigsegv2
FAIL: stackoverflow1
FAIL: stackoverflow2
===================
2 of 4 tests failed
===================
*** Error code 1

Stop in /home/raido/local/src/libsigsegv-2.5/tests.
*** Error code 1

Stop in /home/raido/local/src/libsigsegv-2.5/tests.
*** Error code 1

Stop in /home/raido/local/src/libsigsegv-2.5.

ということで --ignore-absence-of-libsigsegv を追加して作成。
本当は --with-module=bindings/glibc も指定する予定だったけれどうまくいかず、結局以下のような感じでインストール。

cd local/src/
wget http://ring.sakura.ad.jp/archives/GNU/clisp/release/2.43/clisp-2.43.tar.bz2
tar xf clisp-2.43.tar.bz2 
cd clisp-2.43
./configure --ignore-absence-of-libsigsegv --prefix=$HOME/local --with-module=rawsock --with-module=wildcard
cd src/
make
make check
make install

できあがった物。
$ clisp --version
GNU CLISP 2.43 (2007-11-18) (built 3410886803) (memory 3410887057)
Software: GNU C 3.4.4 [FreeBSD] 20050518 
gcc -g -O2 -Igllib -W -Wswitch -Wcomment -Wpointer-arith -Wimplicit -Wreturn-type -Wmissing-declarations -Wno-sign-compare -O2 -fexpensive-optimizations -falign-functions=4 -DUNICODE -DDYNAMIC_FFI -DNO_GETTEXT -DNO_SIGSEGV -I. -x none libavcall.a libcallback.a -lreadline -lncurses 
SAFETY=0 HEAPCODES STANDARD_HEAPCODES SPVW_BLOCKS SPVW_MIXED TRIVIALMAP_MEMORY
libreadline 5.0
Features: 
(READLINE REGEXP SYSCALLS I18N LOOP COMPILER CLOS MOP CLISP ANSI-CL COMMON-LISP
 LISP=CL INTERPRETER SOCKETS GENERIC-STREAMS LOGICAL-PATHNAMES SCREEN FFI
 UNICODE BASE-CHAR=CHARACTER PC386 UNIX)
C Modules: (clisp i18n syscalls regexp readline)
Installation directory: /home/raido/local/lib/clisp-2.43/
User language: ENGLISH
Machine: I386 (I386) www658.sakura.ne.jp [59.106.19.88]

* Scrapbook : ダウンロードの詳細 : Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ (x86)

 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=9b2da534-3e03-4391-8a4d-074b9f2bc1bf

* Scrapbook : ダウンロードの詳細 : Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)

 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=200b2fd9-ae1a-4a14-984d-389c36f85647

* 2007-08-28


(ReadMore...)

* lisp : スコープ

Scheme、Common Lisp、Emacs Lispの比較
Common Lisp自体は静的スコープだけど、 大域変数は暗黙的にスペシャル変数となるので Emacs Lispと同様上のような結果になる。
ダウト!
もしかしてCLtL1のときはそういう仕様だったのかもと確認してみたけれど、変更された形跡もない。
トップレベルで定義されようとレキシカルスコープに変わりはない。

* xyzzy : bregex.dll

戯れに作ってみた。
Boost C++ Libraries の Regex を使うライブラリです。
Perl風の正規表現が使いたい人、動作テストよろしくです。

使い方はstring-matchとかに揃えているので大丈夫かなと思っていたり。

とりあえずc系統とw系統の違いだけ触れておきます。
文字列のデータが「char」なので日本語を扱えません。

文字列のデータが「wchar_t」なので日本語を扱えます。
ただし、Shift_JISの範囲のみです。(たぶん)

なぜ二系統作っているかというとBoost.Regexがどのくらい日本語を扱えるのか
NANRIが知らないからです。しかもVC8との組み合わせで。
wstring-match系で問題なければそれで一本化する予定。

つーことで、動作報告お待ちしています。(あとでXyzzy Wikiにページ作っておきます→作りました 拡張lisp/Boost.Regex
動いた or 動かない、うまくいくパターン or うまくいかないパターンなどなど。

作った時点で興味を失ってるし、今後使う予定も無いのでスタティックリンク版
を作ったらそのまま放置する可能性大です。


あと、リンク禁止なんてことはもちろんありません。どうぞご自由に。
(ReadMore...)

* clispインストールのまとめ


(ReadMore...)

* Scrapbook : The lispreader library

http://www.complang.tuwien.ac.at/~schani/lispreader/

* Scrapbook : Lisp Language Implementations

http://www.cs.sunysb.edu/~algorith/implement/lisp.shtml

* Scrapbook : Package: lang/lisp/impl/awk/

http://www.cs.cmu.edu/afs/cs/project/ai-repository/ai/lang/lisp/impl/awk/0.html

* memo : コマンドプロンプト周りの環境改善

Cygwin無しでそれなりの環境を作る。

(ReadMore...)

* Scrapbook : Programming Language Concepts

http://sky.zero.ad.jp/~zaa54437/programming/concepts/