Source of Nothingness - memo : asdf を使う

* memo : asdf を使う

さくらのサーバにインストールした clispasdf を使うための一連の作業をメモ。

clisp には asdf が付属していないのでソースを取得する。

$ cd $HOME/local/lisp
$ wget "http://cclan.cvs.sourceforge.net/*checkout*/cclan/asdf/asdf.lisp"
$ clisp -c asdf.lisp

ついでにコンパイルしておく。

ここからしばらく clisp での作業。
$HOME/local/lisp/ を lisp ファイル置き場にすることにしたので、ここをロードパスに追加する。
[1]> (push (merge-pathnames "local/lisp/" (user-homedir-pathname)) custom:*load-paths*)
(#P"/home/raido/local/lisp/" #P"./" "~/lisp/**/")

asdf.lisp をロード。
[2]> (load '#:asdf)
;; Loading file /home/raido/local/lisp/asdf.fas ...
;; Loaded file /home/raido/local/lisp/asdf.fas
T

asdf:*central-registry* にパスを追加。$HOME/local/lisp/systems/ にした。
ここに *.asd ファイルへのシンボリックリンクを置くようにする。
[3]> (push (merge-pathnames "local/lisp/systems/" (user-homedir-pathname)) asdf:*central-registry*)
(#P"/home/raido/local/lisp/systems/" *DEFAULT-PATHNAME-DEFAULTS*)

この状態でGUESSを使えるようにする。
ソースをダウンロードして、展開、シンボリックリンクを張る。
$ cd $HOME/local/src/lisp
$ wget http://lispuser.net/files/guess.tar.gz
$ tar xf guess.tar.gz
$ cd ../../lisp/systems/
$ ln -s $HOME/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.asd .

clisp でロード。初回はコンパイルした上でロードしてくれる。
[4]> (asdf:oos 'asdf:load-op :guess)
; loading system definition from /home/raido/local/lisp/systems/guess.asd into #<PACKAGE ASDF0>
;; Loading file /home/raido/local/lisp/systems/guess.asd ...
; registering #<SYSTEM :GUESS #x20538B31> as GUESS
;; Loaded file /home/raido/local/lisp/systems/guess.asd
;; Compiling file /home/raido/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.lisp ...
;; Wrote file /home/raido/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.fas
;; Loading file /home/raido/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.fas ...
;; Loaded file /home/raido/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.fas
0 errors, 0 warnings
NIL
以上。

clisp での作業は初期化ファイルにでも書いておく。clispの場合は $HOME/.clisprc 辺り。
(push (merge-pathnames "local/lisp/" (user-homedir-pathname)) custom:*load-paths*)
(load '#:asdf)
(push (merge-pathnames "local/lisp/systems/" (user-homedir-pathname)) asdf:*central-registry*)
(asdf:oos 'asdf:load-op :guess)
ロードするものが多くなって起動に時間がかかるようになったら、メモリイメージを保存して起動時にこっちを読み込むようにする。

update : 2008-03-02 (Sun) 00:05:34