Source of Nothingness

* Menu

About | Profile | まとめ | オリジナル | xyzzy | あんてな | | buzz

* Scrapbook : hgsvn

 http://pypi.python.org/pypi/hgsvn/
メモ。
svk の代わりにこれが使えるなら、CodeReposとかも使えるなぁ。

* 2008-03-18 :

* memo : apacheの設定メモ

userdirを使えるようにするために毎回調べているのでメモ。
cd /etc/apache2/mods-enabled/
ln -s ../mods-available/userdir.conf .
ln -s ../mods-available/userdir.load .

cgiやら.httacessやらを許可するためにuserdir.confの方を書き換える。
面倒なので両方Allで。
<IfModule mod_userdir.c>
        UserDir public_html
        UserDir disabled root

        <Directory /home/*/public_html>
                AllowOverride All
                Options All
        </Directory>
</IfModule>

参考: http://x68000.q-e-d.net/~68user/webcgi/server-config.html

* 2008-03-13 :

* 2008-03-12 :

(defun foo (i l)
  (if (>= i 5)
      l
    (foo (1+ i) (cons (lambda () i) l))))
(mapcar #'funcall (foo 0 nil))
=>(4 3 2 1 0)

* Common Lisp : xmls & s-xml と日本語

xmls で日本語を出力するには、write-escaped を修正する。
例えば以下のような感じ。
(in-package :xmls)
(defun write-escaped (string stream)
  "Writes string to stream with all character entities escaped."
  (coerce string 'simple-base-string)
  (when (eq stream t) (setf stream *standard-output*))
  (loop for char across string
        for esc = (if (< (char-code char) (length *char-escapes*))
                      (svref *char-escapes* (char-code char))
                      (string char))
        do (write-sequence esc stream)))
ただ、xmls で出力した xml はあんまり見慣れない書き方になるみたいなので使わない気がする。

s-xml の場合は print-string-xml に手を入れればいいと思う。
が、どの範囲をそのまま出力するようにするかが悩ましい。
UTF-8で出力することが前提ならなら ASCII 以上は全部でも良いとは思うけど、文字コード・文字集合辺りはよく分からないなあ。(上のはASCII以上全部になっているし)

* 2008-03-09 :

(ReadMore...)

* 2008-03-08 :

* 2008-03-06 :

* 2008-03-05 :

* 2008-03-05 :

More generally, an implementation of Common Lisp has great latitude in deciding exactly when to expand macro calls within a program. For example, it is acceptable for the defun special form to expand all macro calls within its body at the time the defun form is executed and record the fully expanded body as the body of the function being defined.
で、例えば defun での関数定義時にマクロを展開することもOKと書いてありました。

* Common Lisp : 文字列中のエスケープシーケンスを解釈する

とりあえずできた。REPL では動作確認できた。
要 cl-interpol。
SANO さんの情報がなかったらどうにか interpol-reader を使えないか、悩んでいたかも。サンクスです。
(ReadMore...)

* 2008-03-04 :

* 2008-03-02 :

* memo : asdf を使う

さくらのサーバにインストールした clispasdf を使うための一連の作業をメモ。

clisp には asdf が付属していないのでソースを取得する。

$ cd $HOME/local/lisp
$ wget "http://cclan.cvs.sourceforge.net/*checkout*/cclan/asdf/asdf.lisp"
$ clisp -c asdf.lisp

ついでにコンパイルしておく。

ここからしばらく clisp での作業。
$HOME/local/lisp/ を lisp ファイル置き場にすることにしたので、ここをロードパスに追加する。
[1]> (push (merge-pathnames "local/lisp/" (user-homedir-pathname)) custom:*load-paths*)
(#P"/home/raido/local/lisp/" #P"./" "~/lisp/**/")

asdf.lisp をロード。
[2]> (load '#:asdf)
;; Loading file /home/raido/local/lisp/asdf.fas ...
;; Loaded file /home/raido/local/lisp/asdf.fas
T

asdf:*central-registry* にパスを追加。$HOME/local/lisp/systems/ にした。
ここに *.asd ファイルへのシンボリックリンクを置くようにする。
[3]> (push (merge-pathnames "local/lisp/systems/" (user-homedir-pathname)) asdf:*central-registry*)
(#P"/home/raido/local/lisp/systems/" *DEFAULT-PATHNAME-DEFAULTS*)

この状態でGUESSを使えるようにする。
ソースをダウンロードして、展開、シンボリックリンクを張る。
$ cd $HOME/local/src/lisp
$ wget http://lispuser.net/files/guess.tar.gz
$ tar xf guess.tar.gz
$ cd ../../lisp/systems/
$ ln -s $HOME/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.asd .

clisp でロード。初回はコンパイルした上でロードしてくれる。
[4]> (asdf:oos 'asdf:load-op :guess)
; loading system definition from /home/raido/local/lisp/systems/guess.asd into #<PACKAGE ASDF0>
;; Loading file /home/raido/local/lisp/systems/guess.asd ...
; registering #<SYSTEM :GUESS #x20538B31> as GUESS
;; Loaded file /home/raido/local/lisp/systems/guess.asd
;; Compiling file /home/raido/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.lisp ...
;; Wrote file /home/raido/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.fas
;; Loading file /home/raido/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.fas ...
;; Loaded file /home/raido/local/src/lisp/guess_0.1.0/guess.fas
0 errors, 0 warnings
NIL
以上。

clisp での作業は初期化ファイルにでも書いておく。clispの場合は $HOME/.clisprc 辺り。
(push (merge-pathnames "local/lisp/" (user-homedir-pathname)) custom:*load-paths*)
(load '#:asdf)
(push (merge-pathnames "local/lisp/systems/" (user-homedir-pathname)) asdf:*central-registry*)
(asdf:oos 'asdf:load-op :guess)
ロードするものが多くなって起動に時間がかかるようになったら、メモリイメージを保存して起動時にこっちを読み込むようにする。