Source of Nothingness - 2005

* Menu

About | Profile | まとめ | オリジナル | xyzzy | あんてな | | buzz

* memo : clispさくらインターネットにインストール

clispはサーバーのOSバージョンが上がっても動いていたけど、clispの方もバージョンが上がっているので入れなおしてみた。
いまいちうまくいっていないのでもう一回入れなおそう。

必要なライブラリであるlibsigsegvがきっちり認識されない。
libsigsegvはコンパイルはできるがチェックでエラーが出る状態。
$make check
Making check in src
Making check in tests
make  check-TESTS
Test passed.
PASS: sigsegv1
Test passed.
PASS: sigsegv2
FAIL: stackoverflow1
FAIL: stackoverflow2
===================
2 of 4 tests failed
===================
*** Error code 1

Stop in /home/raido/local/src/libsigsegv-2.5/tests.
*** Error code 1

Stop in /home/raido/local/src/libsigsegv-2.5/tests.
*** Error code 1

Stop in /home/raido/local/src/libsigsegv-2.5.

ということで --ignore-absence-of-libsigsegv を追加して作成。
本当は --with-module=bindings/glibc も指定する予定だったけれどうまくいかず、結局以下のような感じでインストール。

cd local/src/
wget http://ring.sakura.ad.jp/archives/GNU/clisp/release/2.43/clisp-2.43.tar.bz2
tar xf clisp-2.43.tar.bz2 
cd clisp-2.43
./configure --ignore-absence-of-libsigsegv --prefix=$HOME/local --with-module=rawsock --with-module=wildcard
cd src/
make
make check
make install

できあがった物。
$ clisp --version
GNU CLISP 2.43 (2007-11-18) (built 3410886803) (memory 3410887057)
Software: GNU C 3.4.4 [FreeBSD] 20050518 
gcc -g -O2 -Igllib -W -Wswitch -Wcomment -Wpointer-arith -Wimplicit -Wreturn-type -Wmissing-declarations -Wno-sign-compare -O2 -fexpensive-optimizations -falign-functions=4 -DUNICODE -DDYNAMIC_FFI -DNO_GETTEXT -DNO_SIGSEGV -I. -x none libavcall.a libcallback.a -lreadline -lncurses 
SAFETY=0 HEAPCODES STANDARD_HEAPCODES SPVW_BLOCKS SPVW_MIXED TRIVIALMAP_MEMORY
libreadline 5.0
Features: 
(READLINE REGEXP SYSCALLS I18N LOOP COMPILER CLOS MOP CLISP ANSI-CL COMMON-LISP
 LISP=CL INTERPRETER SOCKETS GENERIC-STREAMS LOGICAL-PATHNAMES SCREEN FFI
 UNICODE BASE-CHAR=CHARACTER PC386 UNIX)
C Modules: (clisp i18n syscalls regexp readline)
Installation directory: /home/raido/local/lib/clisp-2.43/
User language: ENGLISH
Machine: I386 (I386) www658.sakura.ne.jp [59.106.19.88]

* Scrapbook : ダウンロードの詳細 : Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)

 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=200b2fd9-ae1a-4a14-984d-389c36f85647

* xyzzy : bregex.dll

戯れに作ってみた。
Boost C++ Libraries の Regex を使うライブラリです。
Perl風の正規表現が使いたい人、動作テストよろしくです。

使い方はstring-matchとかに揃えているので大丈夫かなと思っていたり。

とりあえずc系統とw系統の違いだけ触れておきます。
文字列のデータが「char」なので日本語を扱えません。

文字列のデータが「wchar_t」なので日本語を扱えます。
ただし、Shift_JISの範囲のみです。(たぶん)

なぜ二系統作っているかというとBoost.Regexがどのくらい日本語を扱えるのか
NANRIが知らないからです。しかもVC8との組み合わせで。
wstring-match系で問題なければそれで一本化する予定。

つーことで、動作報告お待ちしています。(あとでXyzzy Wikiにページ作っておきます→作りました 拡張lisp/Boost.Regex
動いた or 動かない、うまくいくパターン or うまくいかないパターンなどなど。

作った時点で興味を失ってるし、今後使う予定も無いのでスタティックリンク版
を作ったらそのまま放置する可能性大です。


あと、リンク禁止なんてことはもちろんありません。どうぞご自由に。
(ReadMore...)

* Scrapbook : Visual Studio 2005 Express Edition

 http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/
Service Pack 1が出ている

* Scrapbook : C/C++向け多倍長整数資料を探している人のためのガイド @ 2005年10月 @ ratio - rational - irrational @ IDM

http://idm.s9.xrea.com/ratio/2005/10/30/000283.html

* Scrapbook : SaikyoLine.jp: さくらインターネットでSubversion

http://saikyoline.jp/weblog/archives/2005/10/subversion_2.html

* Scrapbook : 2005_6_23カーネル座談会@ - 読学のススメ

http://hira.main.jp/wiki/pukiwiki.php?2005_6_23%A5%AB%A1%BC%A5%CD%A5%EB%BA%C2%C3%CC%B2%F1%AD%A1

C++のソースをひらメソッドで読むには、名前空間・オーバーロードをどうするかが悩みどころ。

* Scrapbook : Memoranda on Visual Studio 2005 Express Editions

http://www.okisoft.co.jp/esc/vs-exp/index.html

* Scrapbook : ひげぽん OSとか作っちゃうかMona- - Subversionを ssh 経由で使おう(ApacheもWebDAVも必要ないよ)

http://d.hatena.ne.jp/higepon/20051024/1130167526

* Scrapbook : sh1.2 pyblosxom : PythonとCLISPの対応、及びCLISPの文字コードの話

http://sh1.2-d.jp/b/lisp/2005-09-23-03-37.html

# clisp -E UTF-8
とか
# clisp -E EUC-JP
とか

* RandomNote : RSS auto-discovery

付けてみました。
HTTP応答ヘッダも「Content-type: application/xml」に変更。

参考

* Scrapbook : ttt: (VMware) FreeBSD 6.0-RELEASEのインストール

http://nhh.mo-blog.jp/ttt/2005/11/vmware_freebsd__743b.html

* Scrapbook : Internet Week 2005 チュートリアルプレゼンテーション資料

http://www.nic.ad.jp/ja/materials/iw/2005/proceedings/

「安全なWebアプリ開発の鉄則2005」を読む。

* Scrapbook : 試験管のなかのコード :: VMWare Player にチャレンジ

http://www.in-vitro.jp/blog/index.cgi/VMWare/20051104_01.html

* Scrapbook : μ memo: VMware Playerのみで新しいVirtualMachineを構築する

http://blog.yasaka.com/archives/2005/10/vmware_playervi.html